水商売ってキャッシング審査が厳しくなるの?

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、SMBCモビットやアコムやプロミスなど、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。SMBCモビットやアコムならは水商売の方への融資も行っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度SMBCモビットのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のSMBCモビットのカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

アルバイトやパートでも、SMBCモビットが定めている一定の審査が適用される仕組みですからね。

「水商売の人って審査が厳しいの?」っておもっていませんか?私がみたサイトによると、SMBCモビット側が「この人は水商売だから審査を厳しくしよう」とすることもありませんし、そもそも、SMBCモビットの審査を申込む際に「水商売」と記入する項目がないので、水商売ということは先方に分かりません。・・ということでした。

でも在籍確認があるから、ちょっとはわかるかもしれませんね。でも水商売の人もSMBCモビットで借りている人はたくさんいるので、安心して大丈夫だと思いますよ。

参考:SMBCモビットは水商売でも審査通過できる?【気になる口コミは?!】

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

スマホなどWEB申込ができるのもSMBCモビットのメリットの一つですね。

ですから、SMBCモビットのカードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

SMBCモビットも水商売でも借りれる?

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

スマホなどWEB申込ができるのもSMBCモビットのメリットの一つですね。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

SMBCモビットにも自動契約機があります。またSMBCモビットは水商売の方でも審査に通りますし、土日祝日でもキャッシング可能とのことでした。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ルバイトやパートでも、SMBCモビットが定めている一定の審査が適用される仕組みですからね。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。